夢・遊び・感動 BANDAI NAMCO Group

ナムコ50年の歩み

ナムコ50年の歩み Part1 (1950〜70年代) Part2 (1980年代) Part3 (1990年代) Part4 (2000年代)
'80 Eighties
1980
原子力ロボット「アトマ」
1980 原子力ロボット
「アトマ」
1980 パックマン
1981 迷路脱出ロボット
「マッピー」
1982 ポールポジション
業務用ビデオゲーム「パックマン」を発表。 世界的ブームを呼ぶ。
1981
迷路脱出ロボット「マッピー」
1982
業務用ドライブゲーム 「ポールポジション」を発表。
1983
業務用ビデオゲーム「ゼビウス」を発表。 そのグラフィックやストーリー性で爆発的人気を得る。
関西事務所を大阪・吹田市に移転。
1984
ファミリーコンピュータ用ソフト 「ギャラクシアン」を発売。
1985
龍馬くん
携帯型意思伝達装置
「トーキングエイド」
新社屋(本社ビル・営業本部ビル)を東京・大田区に竣工。
1986
レストラン・チェーンのイタリアントマトを取得。
スウィートランド
ファミリーコンピュータ用ソフト 「プロ野球ファミリースタジアム」を発売。大ヒットに。
科学技術の発展を目的に、財団法人ニューテクノロジー振興財団を設立。
新社章を制定。
1987
ミュージカル「スターライトエクスプレス」日本公演に協賛。
業界初の通信機能搭載ドライブゲーム「ファイナルラップ」を発表。
1988
東京証券取引所市場第二部に上場(資本金55億5000万円)
美声ホン
ウイニングラン
横浜未来研究所を横浜市市港北区(現都筑区)に開設。
CG制作会社JCGLと提携。受注制作から映像提供まで幅広いCG映像事業に参入。
オリジナルビデオソフト「未来忍者」を発売。 メディアミックス展開として業務用ビデオゲーム「未来忍者」も発売。
リアルタイム3次元CGシステム「システム21」搭載の ドライブゲーム「ウイニングラン」を発表。
1989
「ユーノス・ロードスター・ドライビング・シミュレータ」を マツダ(株)と共同開発。
ワニワニパニック
ナムコ50年の歩み Part1 (1950〜70年代) Part2 (1980年代) Part3 (1990年代) Part4 (2000年代)